APPSは鮮度を保つことが大切!ビタミンC誘導体で肌に栄養補給

APPSの取り扱い方

スキンケア用品

新世代ビタミンC誘導体のAPPSは、取り扱いに注意が必要です。APPS化粧水は1%以内の濃度で使うものです。1%以上になると、人によっては皮膚がヒリヒリしたり、赤くなったりする場合があります。また、たとえ1%以内の化粧水でも目に入ると炎症が起こることがあります。もしも化粧水が目に入ってしまったら、すぐに流水で洗い流すことをお勧めします。APPSは生ものなので、作った瞬間から劣化が始まります。そのため、すべてのAPPS化粧水は冷蔵庫に保管し、使用期限内に使い切る必要があります。基本的に冷蔵保存をすれば、1ヵ月〜2ヵ月程度持ちます。化粧水に配合する前のAPPS原末は、6か月くらい冷凍保存が可能です。

通常のビタミンC誘導体よりも100倍の浸透力があるのがAPPSです。皮膚への吸収性が高く、それだけ肌内部の細胞への働きかけが強力です。水溶性と油溶性の効果を同時に持っているので、ハイブリッド型ビタミンC誘導体とも言われています。APPSはあらゆるビタミンC誘導体を使い切ったビタミンCマニアに大人気です。イオン導入でしか届かなかった深層部でも、APPSなら普通に塗るだけで届きます。美肌効果も今までのビタミンC誘導体よりも強く、シミやしわ、ニキビや毛穴など、様々なトラブルに効きます。少し前はあまり見かけませんでしたが、最近はAPPSを使用した化粧水が増えつつあります。本気で肌の未来のことを考えている人は、すでに使い始めています。

まつ毛のボリュームアップ

睫毛

まつ毛美容液には、医薬品と医薬部外品とがあります。前者は、入手には処方箋が必要ですが、比較的短期間で効果が出てきます。後者は入手のしやすさが長所で、使い続けることで徐々に効果が出てきます。どちらも、使用することでまぶたの潤いやハリもアップしていきます。そのためアンチエイジングケアにも使われています。

もっと見る

基礎化粧品で肌に栄養補給

顔に手をあてる人

健康維持に三大栄養素が必要とされているように、肌の健康を保つためにもコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドが必要となります。そしてこれらが不足すると、敏感肌となります。しかし逆にこれらを基礎化粧品で補充すれば、敏感肌をたるみや乾燥や雑菌などから守ったり、改善したりすることが可能になります。

もっと見る

美容液と育毛剤が人気

目

まつげ専用の育毛剤や美容液が注目を集めており、医療機関で相談する人も増加していくと予想されます。まつ毛を伸ばす方法として、人気があるのがまつげの根元に添付するだけでまつげを太く長く本数も増やす効果のあるまつげ専用の育毛剤です。

もっと見る